菊正宗由信の旅日誌

公開

【備忘録】勢力戦防衛デッキで、出会いたくないヒーローリスト【タンク・アタッカー・バッファー編】


大元のリストの日誌が10000文字を超え書き込めなくなった為、ロール毎に振り分けました。
こちらの日誌はタンク・アタッカー・バッファーの出会いたくないリストになります。

【ジャマー・トリックスター編】は以下参照↓


2020.09.24更新
ーーーーーーーー

ミンミ
NSクイックだけで範囲火傷2〜3スタック、ASを含めれば余裕で5スタックを達成出来てしまうヤバい放火魔。
火傷は防御力に関係無く削られる上、殆どのヒーローは火傷耐性が無いので、お相手の編成によってはレアリティ関係なく危険。
勢力戦の仕様上、タンク継続回復だけではスタックが追いつかず、火傷に競り負ける可能性がある。ヒーラーの起用も視野に入れて良いと思う。
ガチ育成のミンミ相手に、タンクと近接アタッカーを併用する場合は特に注意すべき。ミンミは挑発耐性持ちの為、位置取りを適当にやるとタンクより先に近接アタッカーが燃やされる可能性がある。
耐性が無い場合、持久戦は絶対にNG。状態異常の絡め手で無力化し、短期決戦で沈めてしまう方が良い。
ハルを起用して、こまめにタンク及びアタッカーの火傷解除を行うことで、ヒーラーの回復と併せて大幅に延命を図ることが出来る。ハルの耐久を確保しつつも流れ弾を受けない様、位置取りには注意を払っておきたい所。


モーリー
NSAS共に範囲火力で、ノックアップ&確率麻痺を付与するヤバい幼女。
ガチ育成されたモーリーに何も対策せず挑戦すると、ノックアップで転んでいる間にパプチコで蜂の巣にされる。いざASを打とうとしても、麻痺によって発動出来ないことも。
モーリーミンミコンビは一見すると物魔でチグハグだが、ノックアップで足止め→着火コンボが出来るので油断禁物の組み合わせ。
時間が経つ毎に自己バフで攻撃力が伸びていくので、終盤になるにつれて凶悪になるヒーローの1人。
ヴォグイラ(強靭全体付与)はガチモーリーでこそ使うべきヒーローだと思う。絡め手で無力化するのも効果的。若しくは開幕高威力ASの一撃で仕留めるか。

ラルミミ
NSAS共にバインドを駆使する、ヤバいお澄まし御伽役。
初回CT減持ちの為、開幕から出の速いASが降ってくる。彼女が居るだけで近接ヒーローは中々仕事をさせて貰えず、回り道が必要に。タンク挑発で攻撃を引きつけている間に、横から殴っていくのが王道か。NSもバインドであることを考えると、近接よりも遠距離ヒーローの方が有利だと思う。
ガチのラルミミ相手の場合、開幕ASでごっそり削られることも覚悟すべき。魔防寄りタンクだと、ある程度は安心して受けられる筈。間違っても中途半端な育成のソフィアで受けるべきではない。
ハル、マイラ、アクシオンやガンドのNSでバインドを解除し、近接アタッカーを機能させるのも1つの手。射程的にハルが安全圏か。他のヒーローはダメ減ルーンを振っていないのなら、巻き込まれないよう配置に気を配った上で使用するべきだろう。

アルフレッド
魔攻バフ・継続回復だけでなく、広範囲カウンターでこちらのバフを解除してくる、ヤバイケメン。
カウンターの発動サイクルはかなり短めな気がする。各種バフは勿論、継続回復を剥がされるとジリ貧なので、ヒーラー編成で対抗しても良いかもしれない。
バフ解除スパイラルに嵌ると、ガチアルフ相手では決定打が無くなり落とせない可能性が高まる。バフレスや火傷・毒・出血の継続ダメージで削るのもアリか。


カエルラ
早急な仕様修正が待たれる、ヤバい眠れる獅子。
初回CT減から繰り出される滞留する吸い寄せ竜巻&沈黙&物防デバフのAS多段攻撃。それでいて自身はAS中もNSで物攻バフを着実にスタックしていく、まさに凶暴化するハリケーン。対策無しだとASを封じられた上に物防をガタガタにされ、散りゆく運命しか想像できない。
……がしかし、彼女のAS挙動には大きな落とし穴がある。現状における防衛側の彼女は、開幕と同時に誰も居ない所でASをぶちかましてしまう、アホの子なのである。
折角の初回CT減が台無しになっているが、NSだけでも十分強敵なのであまり油断は出来ない。近接アタッカーである為、接近そのものを許さなければASは怖くなくなる。ラルミミならばASを封じられてもNSでバインドを付与出来るので、足止めが可能。オデッシアやメルヒオールで鈍足・スロウを与えるのも面白い。
上記の対策を行えば、現段階でヴォグイラの登板は必要ないだろう。言い換えれば、対策せずに近接されたら終わりである。

ヴォグイラ
壺なんぞ、使ってんじゃねえ! と言わんばかりのヤバいペンギン将軍。
将軍が居る=壺れない、である。引き寄せのないガチ勝負を強いてくる、変則ジャマーである。
見極めるべきは、将軍を使うことでお相手が何を引き寄せから守りたいのか、という点。壺を守りたいのか、それともエースアタッカーを守りたいのかを編成から予測し、先にそちらを封じ込めれば勝ち筋が見える為。ガチ将軍だとすぐに落とせない=強靭継続回復付与2発目、というのもありうるので、思い切って無視してお相手エースの打倒に全力を出した方が良い。編成にも拠るが、基本的に引き寄せが出来ないだけで他の状態異常は普通に通る。
将軍相手の勢力戦は、自力がモノをいう原始の戦いになるので、個人的にはやり甲斐があって非常に楽しい。

レリオーラ
絶対にASを撃たせてはいけない、ヤバい姉姫様。
処理や配置を誤ってASで拘束されると、 AS自体が高威力なのでまず敗北すると思って良い。そもそもNSが火傷なので、それ単体でもかなりの危険度。ラルミミと一緒に組んでいる編成がそこそこ見受けられ、バインド→拘束によるシナジーが厄介なので警戒要。
どちらも暗闇・混乱が通るので、可能であるなら使用し、無力化していきたい所。先にレリ姫を落として、拘束されないようにしておきたい。拘束の危険度に比べれば、射程が足りていれば攻撃出来るバインドはまだ許容出来る状態異常の為。

アンギラ&ヴァージン
近接されたら文字通り食べられてしまう、ヤバいおしどり夫婦。
夫が星6武器を所持している場合、開幕と同時に彼らに1番近いヒーロー(大抵はタンク)が相手陣地に引き寄せられ長時間拘束される。すかさず妻が割合ダメージ&バフ解除調理を始めてしまうので、どれだけタンクが育っていようと耐えること自体が難しい。しかも相手陣地に行く=キャラバン砲地獄なので、生還は更に絶望的に。
夫妻は単体特化なので、タンクに夢中になっている間に処理するか、近接すること自体を封じるべき。ヴォグイラで引き寄せを防止するだけでも、被害が違ってくる。ガチンコ勝負で勝てる相手ではない。

ルヴレ
絶対にASを撃たせてはいけない、ヤバいお姉ちゃん。
とにかく開幕ASを凌げるかが勝負。何も考えずにオート戦闘すると自軍全員が被弾する位にAS範囲が広い。クイックがかかっていなければ、AS発動まで2秒程のラグがあるので、あらゆる手段で阻止すべき。開幕先行デコイ戦法も視野に入れても良い。
ASを封じてもNSで範囲火傷を付与してくるので、危険度はかなり高い。タイミング良く混乱を与えることが出来れば、そのAS火力で良い感じに敵軍をヴェルダンにしてくれる。
壺おじ対策と同様に、二段構えパーティで共闘するのも良い。水属性タンク&ユウリ含むバッファー回復陣を先鋒に、アタッカー&状態異常陣を次鋒に据えて、2回目のルヴレAS発動前に沈められるよう短期決戦を挑むと良いだろう。
タンク役は混乱を撒けるスミロフが本命か。誰に任せるにせよ、開幕ASを確実に耐えられるようにHPパッシブの育成までしっかり行っておきたい。


キンカクギンカク
ガラッド兄貴を封殺したい! そんな熱い想いにあふれる、ヤバい金さん銀さん。
相手のバフを剥がして自身のものとしてしまう、変則バフレスヒーロー。スキル構成的にバッファー、特にガラッド兄貴の天敵。オート戦闘だと兄貴は1番HPの高いヒーロー(大抵はタンク)にバフを撒くので、最前線で戦うタンクのバフが軒並み奪われてしまうことに。
ちなみに双子ちゃんは、敵軍が自前でバフを用意した場合でも火力が強化されてしまう。「バフ無しで殴れば安全」とはならず、寧ろ双子ちゃん以外の敵軍火力に負ける可能性があるので要注意。更にバフレス耐性持ちなので、マーサ対策の様にこちらもバフレスで……とはいかない。
状態異常漬けにして機能停止させるか、若しくは足の速いヒーローを先行デコイとして走らせるのが有効的。幸いにしてNS AS共に単体攻撃であり、挑発も普通に通るので、魔防高めのガチタンクであれば倒す迄の時間稼ぎが出来る筈。
属性的には不利だが、耐性が無いので火傷も有効。デコイに夢中になっている間に、燃やしてしまっても良い。

ポロックス
運営を魅了しバランス調整でのし上がった、ヤバいデザイナーの卵。
初回CT減が無い、と侮ると1番拙いヒーロー。無いことが寧ろプラスになっている、恐るべきタンクである。
彼を落とすのに手間取ってしまうと、戦闘中盤の良い感じにバフがスタックし始めた頃に、範囲12mの挑発・魅了ASが飛んでくる。この「戦闘中盤に魅了」というのがミソで、敵軍が順調にバフデバフをスタックしていくのに対し、自軍は一切合切中断されてしまうのである。構成次第では、それまで優位に攻めていたとしても逆転を許してしまいかねない。
AS効果範囲も広い為、配置に気を使っていた筈のバッファーごとポロに夢中になってしまうのも痛い。魅了時間は5秒だが、想像以上に長く感じるだろう。
ガチのポロ相手だと、編成にも寄るがASを撃たれる前に沈めるのが難しい。シューター・マジシャン及びジャマーを駆使して、敵軍のアタッカーから先に倒した方が良いかもしれない。NSの挑発範囲が狭いことを逆手に取って、上手く立ち回る必要があるだろうが。エメット相手に使用する予定がないのであれば、ポロにミリアを割り当てたい所。
お相手のスキルレベル及び知力ステータスを覗き見して、ASを撃つ時間を計算しても良い。ニュータイプな冒険者であれば、脳内時計でASの気配を察知して妨害出来るかもしれない。私は無理でした


ガルス
岩の呼吸・石化の型を駆使する、ヤバい萌え袖お爺様。
★6メイン武器を手にした時、真の力に目覚めるヒーロー。★6メインで100%石化付与が可能になってしまう為、その場合は絶対にASを撃たせてはいけない。石化時間は10秒で、これだけの時間を無力化されると逆転はかなり厳しいだろう。石化に加えて回復までしてしまうので、厄介極まりない。
モーガが石化耐性のヒーラーではあるが、水属性・近接して回復を行うスキル構成である為、生半可な育成では地属性ガルスの攻撃を凌ぐのは難しいだろう。ASに巻き込まれない様、モーガのタゲを敢えて後衛にしておく等の慎重な操作が必要になってくる。
ラスベルが育っているのであれば、属性有利・NS挑発・石化耐性の効果で安心して受けられると考えられる。ラスベルに夢中になっている間に、自軍の他のヒーローがガルスのAS範囲から逃れられるように配置を整え、横から萌え袖をズタズタにしてしまいたい。


レゴシ
狼に生まれた意味を知る、ドキドキ思春期真っ盛り(?)のヤバウルフ。
初回CT減からの威力最大800%のASは、大抵のヒーローを殴殺しうる。無対策でガチンコ対決するのは、無謀と言って良いだろう。NSの出血も嫌らしく、確実にこちらを削るスキル構成となっている。地味に暗闇耐性持ちの為、どれだけ育成していたとしてもキール爺で受けるべきではない。★6メイン武器配布により、ASデメリットのスロウは無いものとして考えておくこと。
超強力なASではあるものの、移動を伴う攻撃に該当する為、ラルミミでバインドしてしまえば驚異度はガクッと下がる。棒立ちの草食系狼になっている間に、素早く落としてしまいたい。
逆を言えば、タゲ合わせや操作ミス、アプリ落ちをしてしまうと敗北が濃厚になる相手。バインドに夢中になり過ぎて、ラルミミが他の攻撃(キャラバン砲等)で機能停止しないよう注意しておいた方が良い。お相手の編成によってはバインド戦法も通じない可能性がある為、挑む際は要確認。

タチェンカ
40秒で支度しな! 一撃必殺のパイルバンカーが全てを破壊する、ヤバいマーマ。
お相手の育成レベルにも左右されるが、「タンクで受ける」こと自体が間違っていると言わざるを得ないヒーロー。
ASの性能は以下の通り。
◎円範囲の敵に恐怖・バインド、自身に無敵貫通・闇属性バフ・ブロック
◎上記効果の後、敵単体に強靭解除・スタン・吹き飛び→吹っ飛んだ後に確定ダメージ
「これ回避するの無理じゃね?」ということしか書かれてないASである。ミサクラ等のバインド耐性持ちのヒーローにフォルクでスタン耐性を付ければ逃げられるかもしれないが、あまり現実的ではないだろう。
しかもマーマは初回CT減持ちの為、捕まったが最期、大抵のヒーローは一撃でバルス(物理)される。不利属性のソフィアで受けるのだけは、例え育成に自信があっても止めておいた方が無難。
敢えてタンクを使わず、タンク位置に状態異常スキルを持つ囮ビーストを配置するのも一つの手段かもしれない。
マーマは近接アタッカーなのでバインド筆頭のラルミミを使いたい所だが、彼女のASはダメージ発生までに僅かな隙がある為、考えなしに撃つとタチェンカに捕捉される危険性が高い。慌てずにNSで止めた後、ASを撃った方が安全と考えられる。
私は所持していないので試せないが、ガルフスタンが性能的にタチェンカ封じに最適かもしれない。
その他の対策として、スタン・沈黙・麻痺・暗闇にするのも有効的。ASさえ封じてしまえば、NSでペシペシするだけのお婆ちゃんである。


ボロディン
「故障」の意味と定義を問い正したくなる、ヤバい弾道ミサイル軍曹。
NSは物防デバフを確率で付与する、ありがちなスキル内容となっているが、カウンターとASがかなりの脅威。
カウンターは円範囲3m内で被弾すると発動し、自身も含めて相手に麻痺を与えてしまうというもの。壺おじヴィンガを使用する際は、特にタンク操作に注意を払っておきたい。集めた先に自軍タンクが突っ込む→タンクがボロディンを近接攻撃→麻痺る→挑発が撃てない=事故に繋がりやすい為。
またASについても対策無しにそのまま撃たせてしまうと、敗北がかなり濃厚になる。超距離高威力に加えてスタン&暗闇&ノックアップのおまけ付き。育成が進んだボロディン相手だと、こちらが機能停止している間に2発目のASが飛んでくる(スキルMAX知力127で約15秒間隔)ので、何も出来ずにボロ負けするだろう。
初回CT減は持っていない為、タイミングを見てポワトト迷探偵による沈黙でAS封じ→ゲシアバやパダノアを編成して、状態異常ループで封じておきたい。キールやアロティで暗闇にするのも、有効な戦術と考えられる。


ラメライザ
「とりま全部流せば関係ないよね」を地で行く、ヤバい姉御。
最大の売りである陣形崩しのAS射程は15m(参考…壺おじヴィンガは射程10m)。彼女自身から見て右方向に敵を押し流し、鈍足を付与する性能である為、勢力戦においては左方向に自軍が流される格好になる。
AS威力係数自体は高くないので、キッチリ防御面の育成が出来ていれば、開幕早々にワンパンされることはない筈。厄介なのは陣形を崩されてしまう点にあり、強靭を用意出来ない場合は建て直しに時間を要する=戦闘準備(バフデバフ張り)が遅れる=バフ差がそのまま戦闘結果に直結しやすい。
タンクにソフィアを使っている場合、ただでさえ遅い足が鈍足で更に遅くなるので、彼女だけを最前線に戻す安易な操作だけは避けるべき。タンク・後衛も含めて自軍キャラバン側に下げ、キャラバン砲を利用して相手の攻めを挫いた方がまだリカバリーしやすいだろう。
NSも面倒な性能で、ラメライザにクイックが掛かっていると毒4〜5スタックを前方小範囲へ確実に付与してくる。しかも武器レアリティに関係なく、である。★5以上だと物攻バフも4スタック以上乗ってくるので、強靭でASを耐えても全く油断出来ない。
強靭を用意してASを凌ぎ、バインドで縫い止めてしまえばラメライザ単体は完封出来る。自身の手持ちやギルメンと相談した上で、慎重に使っていきたい所。というのも強靭付与やバインドヒーローは数が少ないので、考えなしに使うとその後の戦闘に大きく影響する為である。ラメライザばかりに目がいって、他のヒーローに打ち取られないようにするのも注意しておきたい。


プリンセス火華
秘めた(?)恋心を胸に人体発火の謎を追う、ヤバい第5特殊消防隊大隊長。
ASは自身に強靭を付与した後、自分中心とした10m範囲に火傷+9回ダメージのフィールドを展開するもの。火傷耐性ヒーラーはカエルジャクシ位しかおらず、完全耐性を付けることは出来ない為、火傷耐性の無いヒーローはAS範囲に入った時点で火傷がスタックする。
強靭を付与する為引き寄せ戦法が通じにくく、攻撃射程が足りていることも多い為か、基本的に前線には出てこない。
NSは直線範囲に麻痺を撒きつつ攻撃、火傷スタック数と同数の魔防デバフをスタックする仕様。AS性能も相まって、麻痺で棒立ちになった所を火傷でジワジワ削られることになるだろう。原作を上手く再現したスキル構成と言える。
キャナルやパルヤン、デバフ解除要員を編成して麻痺を防止した上で、物理主体で殴って行きたい。火傷持続は短いので、戦力差があればパワーで押し切ってしまっても良い。火華の射程を超えたガダ等のヒーローのASで落とすのも有効。
ジャオキキやサリバンの火傷耐性アタッカーを編成し、近接してぶん殴って行くのも一つの手。サリバンが育っている冒険者であれば、火華の物防が弱い所を上手く点いていけるはず。

アルバン
満を辞して★6進化を果たした、ヤバすぎるレガシーオークキング。
アルバンを★6進化させている冒険者=凄まじいまでの愛で育成をしていることを認識するべき(ランヴォルドやアッザリアと違い、意図しないとアニマを集めにくい英雄の為)。勢力戦に出てくるアルバンは、ほぼ★6装備準拠であることを覚悟しておくこと。
NSは近接して前方小範囲に杖殴りしながら、物防デバフ4スタックを付与してくる。
書き間違いでも何でもなく、「物防デバフ4スタック」である。★5装備以上だと自身に物攻バフも付与する上、クイックが入ると2.5s毎に上記の攻撃が飛んでくる。
ASは前方広範囲に大砲をぶっ放し、麻痺を付与するもの。自身にクイック&無敵貫通まで付与するので、出が早い上に無敵回避は当然不可。★6メイン装備だと更に範囲が広がり、威力係数は最大500%まで上昇。麻痺効果も合わさって、真っ向勝負で耐久するのは無謀である。
ASを撃たせてしまうと、それだけで甚大な被害が出るので、混乱や沈黙を用意して封印したい。ASを撃たせない前提であればパルヤン(麻痺耐性ヒーラー)は必要なく、その枠を状態異常ヒーローに譲って完封を目指すべき。
アンギラが同属性&麻痺耐性&長距離拘束のスペシャリストである為、王を縛って暫く戯れて貰うのも良いだろう。


カーディロス new!
永き沈黙を破り★6進化を果たした、ヤバすぎる白銀の翁。
アルバンと同様だが、カーディロスを★6進化させている冒険者=猛烈な愛でフル育成していることを認識すること。
NSは射程11m内の敵2体に攻撃し、毒とバインドを与えてくる。射程内に敵が1体しか居なければ、その1体に2回命中する仕様。タンクが挑発を取っていても範囲内に別のヒーローがいる場合、2発目の攻撃はそちらに向かう点に注意すること。
ASは自身中心11m円範囲を攻撃し、強靭解除・ノックバック・鈍足・スロウを与えるもの。強靭解除が前線に陣取るタンクのメタになっており、配置によってはタンクが後衛付近までバシルーラ→阿鼻叫喚祭りになり得る。
火力を出しつつ1人で多数の状態異常を網羅する為、オート脳筋プレイは戦力差があっても止めておいた方が良い。近接アタッカーはバインドをどうにかしない限り、延々と毒で削られ続けることになる。
アルバンと同じく、状態異常による封印で何もさせない戦法がベスト。混乱が非常に有効だが、お相手もその対策でイザイアを編成しているパターンが多い。状態異常ヒーローを複数用意して、どのような状況でも対応出来るようにしたい所。


ーーーーーーーー

日誌を分けることになるとは、思ってもみませんでした_(┐「ε:)_
時間があったら、もう少し見やすく整理しようと思います。


菊正宗由信

コメント

1

初めての試み

戦闘力5

ID: cwykbapm58g8

勢力戦最強はミンミちゃんだと思うのでミンミちゃんの魅力をひたすら語る記事でもオケですよ( ̄ー ̄)ニヤリ

2

イアルの冒険者

菊正宗由信

ID: qsk7wjrvxuuz

>> 1
余裕の10000文字超え日誌が出来上がりそうですw(*゚∀゚*)