hanageの旅日誌

公開

初心者の心に戻って振り返る、一年の足取り(レイド)

hanageです。 第12回です。

 第11回で「釣り」に寄り道してしまいましたが、今回は宣言通り魔獣討伐、もとい「レイドバトル」をテーマに振り返りをしようかと思います。

 冒険譚によれば、レイドバトルに初めて参加したのはゲーム開始1日後、イベント参加よりも前にバフン魔獣LV1の討伐に成功(倒したのは当然他のプレイヤー)していた模様です。 本人はすっかり忘れていましたけれど、恐らくチュートリアルでレイドバトルが解放されてすぐ、たまたま自分のいたMAPに出現した魔獣に突撃したのだと思います。 その後、各種LV2魔獣の討伐記録が1週間~2週間以内に立て続けに報告されているので、まあ大体その辺りで一通りの通常魔獣討伐を経験し終えたようです。 

 因みに、属性魔獣の討伐に手を出し始めたのは大分先になってからで、ゲーム開始から三ヶ月くらい経ってようやく、といった次第でした。 もっと早く討伐していた気がしたんですけどね。 記憶って曖昧ですね。 もしかすると、なんか強そうだし、という漠然としたイメージで挑戦するのを避けていたのかもしれません。


 ~LV1のウニがいる。LV3のカニもいる。そしてバフンにゃ属性も。~

 さてさて、一口に「レイドバトル」と言ってもその中身はちょっと複雑です。 今回は現実時間で30分に1回、イアル各地(特定地点にランダムで)に出現するレギュラー魔獣を中心に振り返りましょう。

 ゲーム開始初期から中期くらいにかけて最も枯渇するであろう属性宝珠とレイドポイントが貰える魔獣討伐。 奴等は大別すると下記の二種類に分けられます。

 a.通常魔獣
 各種装備作成用素材とレイドポイント、若干の属性宝珠が貰える魔獣達。
 バフン、ウニ、オオイヌ、カニの四種類が存在します(名前のセンス…)。
 敵によって攻撃&行動パターンは違うものの、全て闇属性。
 出現場所と種類はレイド出現報告タブで確認可能。

 b.属性魔獣
 装備素材がなくレイドポイントも少ない代わりに属性宝珠がマシマシの魔獣。
 種類はバフンのみ(過去イベントでは別種も登場)。
 属性がそれぞれ異なり、特定の状態異常を定期的にまき散らしてきます。
 出現場所と敵の属性が不明(自力で心当たりを探すしかない)。

 補足として、どちらのタイプもそれぞれの敵にLVが存在し、報酬で若干のギルドポイントが貰えます。 LVの高い敵は討伐も難しいですが、その分報酬も美味しくなっております。 プレイヤーはこれらの魔獣達の中から自分の強さやほしいもの、行ける場所(解放されているMAP)を考えた上で、一日につき3回まで(課金すれば別)レイドバトルに挑戦することが出来るわけです。


 ~空を見ろ。地図を見ろ。(敵の)LVを見ろ。~

 では、ここからは実際にレイドバトルに参加するまでの流れを中心にまとめてみましょう。 魔獣など星の数ほど屠ってきた猛者の方々は話半分で読み流していただくとして、グリーン&イエローのフレッシュメンは、そうかこんな感じか、と思って読んでただければ結構です。 ただし、役に立つかどうかは知りませんが。

 まず、魔獣出現時刻(火曜日のメンテ後リセットなので毎週確認しましょう)になったら、魔獣出現報告タブから出現予定の魔獣を確認します。 お目当てが通常魔獣なら、自分の狙っている魔獣が出現しているか、いたらそのMAPに自分が行けるかの確認です。 諸々含めて討伐可能ならラッキー、いないorいたけど行けない場合は唇を噛み締めて30分後を待ちましょう。 次来るとは限らないけどな。

 お目当てが属性魔獣だった場合は、出現地点不明の魔獣がいるか先ず確認です。 いないなら属性魔獣は出現していないので、次を待つか、おとなしく普通の魔獣に凸るかしましょう。 いた場合は、お祈りタイムです。 出現した魔獣が自分の狙っている属性なのか、そもそもそこに行けるのか? ワールドチャットにイアルの良心こと、優しい他プレイヤーさんが出現MAPと属性(LVも)を報告してくれるのを待ちましょう。 無論、私自ら出る!の精神で貴方がその立場になっても一向に構いません。 その気があるなら、むしろ率先してやりましょう。 喜ばれます。

 とても、喜ばれます。

 そうして魔獣の出現場所が割れたら、後の流れは通常魔獣と共通です。 目当ての魔獣の元へ即飛びしましょう。

 続いて、現地に到着してまだ魔獣が出現していない場合は、とりあえず空を見上げましょう。 魔獣が出現するMAP上空には「エニグマ」が出現しているので、確認することで出現地点の割り出しが可能となります。

 具体的には、まず、上空のエニグマを画面中央に持ってきて、エニグマの内壁が見える方を画面下に移動させます。 そのままの状態で地図をみれば、魔獣が出現する方角が割り出せるという寸法です。 確認できたら現場付近までダッシュです。

 そこ、〇〇は□□なら△△に確定出現だから必要ないとか言うのは御法度です。

 現場に到着して予想通り魔獣が湧いたら、即突撃。 ではなく、最初の内は敵のLVを確認しておきましょう。 LVの高い敵は討伐が難しいが、報酬も美味しいと先に書きました。 一例として、バフン魔獣LV1のスコア報酬で貰えるレイドポイントが最高で100なのに対して、LV3バフンなら参加するだけで最低180ポイントが確定します。 討伐報酬の装備素材なんて言わずもがなです。 回数が決まっている中で効率良くポイントや素材を手に入れるなら、初心者こそ闇雲に突撃せず、ちゃんと相手を確認してレイドに参加しましょう。

 高レベルの魔獣にいきなり、というのは気が引ける。 ここは、いのちだいじに、なんて考える必要はありません。 誰が参加しようが周りに迷惑は一切掛かりませんし、凸って美味しくなかったら止めればいいだけの話です。 欲しい報酬目指して、ガンガンいこうぜ。

 だから、〇〇で□□なら△△は御法度って言ってるから。

 
 ~イベント魔獣が来てる時~

 最後にちょっとだけ、たまにイベントでやって来る限定魔獣について。 これはまた別の機会にまとめて振り返ろうと思っていますが、簡単にふれておくと、

 その都度相手の攻略方法違うから、マスターズサイトとかちゃん見ような。

 です。 ほんと、この一言に尽きます、以上!


 続く。(エニグマ内壁部を画面下。 大体この方角に。 魔獣出現!)

hanage

コメント

1

老舗人

アムリタ⁂飛翔

ID: macdzjndx3w7

この方向の見分け、
私どーも苦手なんで、
もう落ちてくるまで待ってるw

2

500いいね達成

hanage

ID: hwazq4nc8cgj

>> 1
それもアリっちゃぁアリですよね。

3

トリス

ID: g7erb96upfyq

ワルチャで情報待ち組(だいたいそれ待ってて討伐される)

4

500いいね達成

hanage

ID: hwazq4nc8cgj

>> 3
人気の魔獣は数分で倒されますからねぇ。