ぽんたこすの旅日誌

公開

最高。-3


 最高。-2の続きです。
 蒼天のギルドマスターであるゼロさんの一言目は「ギルドの紹介文読見ましたか?」でした。
 ゼロさんのBPは訳29万…緊張しすぎていた私はその言葉が、「こんな弱い奴がきたのかぁ…多分こいつギルドの紹介文すら読んで読んでねぇな」というような意味だと早とちりしてしまい、やっぱ辞めよう…と一瞬思ってしまうほどでした。
 ただ、ここまで来たのだからしっかり断られるまでやろうと思い立ち、ボロクソ言われることを覚悟した上で、勇気を振り絞って「読んできました!」と返事をしました。
 すると、私の思惑とは裏腹に、歓迎する旨の言葉と蒼天というギルドの詳細を教えてくれた上に、他に質問はないか聞いてくださるなど至極丁寧かつ優しい対応だったのです。
 また、この時のことを蒼天に入った後にゼロさんに聞いたところ、面接のつもりはなかった、敬語だったのは初対面だったからのだと説明してくださいました。
 そして、ここから私の蒼天での生活がスタートします。


ぽんたこす

コメント

この発言は削除されました(2021/09/08 22:50) 1

2

ビギナー

ぽんたこす

ID: 82apqunkquz7

次回。最高。-番外編1として、ギルドメンバーの紹介をしたいです。もしよかったら見ていってください。