namiの旅日誌

公開

東武動物公園(王道から、そこ見る?ってところも楽しんだレポその2)


東武動物公園レポその2です。

注意!!!
・基本的にどの動物も、かわいかったです!という小学生の作文と同レベルの感想で締め括られています。
・動物の知識が得られるという内容ではありません。


では、続きです。

楽しみにしていたオットセイショー!
動物園で水族のショーがあるって珍しくないですか?
ついつい水族館ばかり行ってしまっていて、あんまり動物園巡りはしていないので詳しくないのですが、ぱっと思いつくオットセイの専用のステージがあるところといえば、那須どうぶつ王国とかでしょうか。
あそこのオットセイショーはお姉さん二人の掛け合いが早くてテンポ良くて好きです。お兄さんもテキパキ。夏はゴールデンレトリバーも参戦すると聞いたのですが是非見たい〜!

東武はお兄さんがオットセイのメテオ君、お姉さんがアザラシのアラシ君を動かしていました。
インパクトのある名前とは違い、ショーはとってもほのぼの。

男女ペアのトレーナー(色違いの服)
・オットセイ&アザラシ(小柄)

Eテレのおかあさんといっしょのようなまとまり(言いたいことわかりますかね)

図としてのバランスがよくないですか?(写真上
ショーに出ていたアラシくんの他、一頭ふわ〜っと参加せずにプールで泳いでいたアザラシがいて、それがまたアザラシらしくてとってもよかったです。
その子の我関せず感がひたすらに癒しでした。


ショーの後は猿、ライオンあたりをのんびり。
ジャガーちゃんが香箱座りしてたのがまた……。
猫科はどの子もしぐさがイエネコと通じていて、NNNに登録されているのか行き倒れの猫拾いがち&飼っちゃいがちの私はどの子を見てもオオキイネコチャン!!!カワイイ!!と。
虎の、頭の大きさに反してほっそりした体、その割にモフッとした足のバランスが好きなんですが、ホワイトタイガーちゃんの写真(写真左下)はニョロリ感がうまく撮れました(自己満足)


ライオンのところに小さいミーアキャットの展示場があったのですが、私と同行者が盛り上がったのはその裏にある、広い方のミーアの展示場でした。ヤマアラシから続いている方です。
3頭がのんびり日光浴している中、同行者が唐突に奇怪な行動をしたらシュビビビッと全頭が獣舎の中に逃げ込み…
なんでいつもいつもそんなことばかりするんだ!と怒ったのですが、
その数秒後にワラワラワラワラッと大量に出てきてくれました笑
ここの子達は鼻筋がちょっと短めで下頬がぷくっとした、もちもちした感じの顔立ちでした(主観です)
同行者が2回目のあやしいおどりをしたら、警戒役が困惑したように、グゥッ…と一声だけ呟いていたのがおもしろかわいすぎて二人で崩れ落ちました笑
他の人間達とは違う動き方をするけど、危害を加えるわけではないのか……?という感じの目でした。
驚かせてごめんよ、、笑

カワウソちゃん達もモチっとした顔立ちでした。
展示場に木屑がちらばりまくっていて、のびのび遊んだのかな、と微笑ましかったです。
カワウソも一日中見ても飽きない魅力がありますよね!なにをしていても面白い!
飼育員が撮ったのか、お客さんからの提供かはわかりませんが、魅力的な写真が貼ってあったのでつい撮影してしまいました(写真下中央
オイッスー、としかアテレコが思いつかない写真。


ヒグマの餌やりは、最初に見たときは遠足の小学生の団体で賑わいすぎており、後でまた見にこよう〜と言っていたのですが、結局他のところに時間をとられ、戻ってこれたのは閉園前。
完全にお腹いっぱいだったようで、しょーがないわぁーと言いたげな気怠げな雰囲気で数粒食べた後、2個をお残しして扉の前へ行ってしまいました笑(写真右下
コンベヤーが回っている間、プルルッ!!プルルッ!!と音を立てて唇を震わせていたのがかわいかったです。あんな音初めて聞きました。
犬の口のゴムパッキン(口唇襞)とはプルンプルンみが段違いでした。
触りたいとは思いますが、やっぱり大きい動物って本能的に腰が引けますよね。



あと1枚、個人的東武のベストアニマルの写真が残っているのですが、文字数が危ういのでまたまた続きます。


nami

コメント